四季おりおりⅡ

季節の移ろいの写真を気の向くままに載せています。

カワセミ日記  ヤバかった?

今日は暑いぐらいの気候となりました。
宇治川の橋の温度は昼で20℃をさしていました。京都の最高気温は22℃だったようです。
この温度で桜も一気に開いてくることでしょう。

明日から急用で岡山に帰ってきます。しばらくブログ休ませていただきます。
今年は桜を逃してしまうかもしれません。

カワセミの一日です
まず面白い画像
魚を捕ろうと飛び込みました。それに驚いたのか、それとも何か飛び込んできたのでそれを捕ろうと狙ってきたのか分かりませんが大きな魚(コイかな)が飛び上がりました。残念ながら魚が飛び上がったところは撮れませんでしたが、魚の背中が写っています。魚の方向は明らかにカワセミの方に飛んでいます。

カワセミ


カワセミは無事に飛び上がりました。
魚はカワセミが飛び込んだところにきていました。ヤバかった??

カワセミ


ホバをよくやっていますが、時折高く飛び上がってホバします
土手のはるか上空まで飛び上がりました

カワセミ


これが普通の高さのホバです

カワセミ


餌捕りシーン
魚を捕りました

カワセミ


これは後姿でした

カワセミ


多くは虫捕りばかりですが

カワセミ


餌捕り失敗ですが、きれいな水絡みです

カワセミ

カワセミ

スポンサーサイト
  1. 2015/03/28(土) 18:07:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

桜開花

暖かくなってきました。気温も上がってすっかり春の陽気になってきました。
各地で桜の開花情報が広がっています。こちら京都も今日開花宣言が出ました。

ソメイヨシノはやっと開花した程度ですが、しだれ桜はすでにかなり花盛りになってきています。
この陽気に誘われて京都御苑のしだれ桜の花見に行ってきました。

御苑で有名な「糸桜」は見ごろになってきていましたが、樹勢が衰えて昔に比べると見る影もありません

桜


そのそばの旧近衛邸の池のそばのしだれ桜がきれいでした。
しかし、人が一杯でなかなか写真が写せません。特に、韓国の人や中国の人は桜の下に入って写真を写したいようでなかなか立ち退きません。最近ますますこのような情景が増えています。困ったものです。

桜

桜

桜


梅林の近くの「出水の小川」近くのしだれ桜が見頃となっていました

桜

桜

桜


桜の花にメジロが来ていました

メジロ

メジロ


桃の花にもメジロが

メジロ

メジロ

  1. 2015/03/27(金) 21:53:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カワセミ日記  フン勝負

今日は暖かくなりました。天気も快晴で気持ちのいい天気に回復です。
朝の温度は3℃と寒かったのですが、昼には16℃まで上がっていました。夕方5時すぎでも13℃ありました。
これで桜も一気に開いてくるのではないでしょうか。

ハヤブサの山に登ったのですが、朝は気温も上がらず車で登っている人は寒かったようです。私は自転車で登ったので汗びっしょりでした。

ハヤブサは早朝に動きがあったようですがその後は一度小鳥を持って帰ったのみで、今日もあまり動きはありませんでした。
餌渡しもなかなかありません。もう少し頑張ってっくれなくては。

今日の画像はカワセミのフン勝負です。
フン飛ばしで勝負を競います。

私が写した最長不倒距離でしょうか

カワセミ


これは少しタイミングが遅れて途切れ途切れですが長かった

カワセミ


これは最短記録

カワセミ


雪の中のフン飛ばし

カワセミ


普通のフン飛ばし

カワセミ

カワセミ

カワセミ

  1. 2015/03/26(木) 20:30:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ハヤブサ  交尾

今日も寒さが続きました。
予報では午後は移動性の高気圧に覆われ晴れてきて、暖かくなるとの事でしたが-----。

朝、外を見ると路面がぬれています。先ほどまで雨が降っていたようです。でもすでに雨は上がっていて青空が出ていました。予報でもこの後はますます晴れてくるはずと思い、ハヤブサの山に。

しかし、昼過ぎまで度々雨がパラツク不安定な天気が続き、寒さも厳しかった。
最悪なのは、ハヤブサの動きもなくなったので諦めて帰る途中、川の土手に出た時に北西の風が強く吹きつけ、雨が降ってきました。強い向かい風で、雨には濡れるし、自転車は進まずで、しんどかった。

朝、山は雪がパラツイたようで、日陰には雪が残っていました。
これでは寒いはずです。3月の終わりに雪を見るのは最近では記憶がありません。

雪
雪


今日のハヤブサはさっぱりでした。そこで画像処理できた昨日のハヤブサです。
昨日は良かったのに、今日はサッパリでした。ハヤブサも日替わりのようです。

オスが小鳥を捕って帰ってきました。ヒヨドリのようです。

ハヤブサ


このエサは備蓄に隠して再び餌捕りに出かけました。
1時間後にまた小鳥を捕って帰ってきました。

ハヤブサ


そして、口にくわえて、メスに餌渡しを。
残念ながら餌渡しのシーンは捉えることができませんでした。
急に日が陰り、ISO感度を修正している時に餌渡しがあり、AFが背景に取られてしまった。
後から考えるとそんなことしなくても良かったようで、バカですね。

ハヤブサ


小鳥を持って飛ぶメス。
しかしメスはそれを食べず、備蓄に隠してしまいました。もう腹いっぱいだったのでしょうか。

ハヤブサ


その後、交尾を。
少し遠かったのですがいい場所でやってくれました。
交尾はかなり前からやっているとは聞いていたのですが、やっと見ることができました。

ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ


その後、オスは腹が減ったのか、メスが隠した小鳥を探し出して食べます。

ハヤブサ


オスは食べ残した餌はそこに残したらいいのに、別の場所に隠すため持って飛びます。
別の場所に持って行って隠すのがハヤブサの習性なのでしょうか。

ハヤブサ

  1. 2015/03/25(水) 18:12:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

チョウゲンボウ  オス

今日はさらに気温が下がり、冷たい北風が吹き付け一段と寒くなりました。
宇治川に掛かる橋の温度は昼でも7℃しか上がっていません。真冬の寒さが続きます。

今日もまた10時ごろに黒雲に覆われ、小雨がパラツキ出しました。
何故か鳥が休憩に入る時間に小雨がパラツキ出します。そこで今日もこの時間で撮影は打ち切り帰宅しました。

桜の開花情報が各地で聞かれるようになってきています。
京都はまだのようですが、この寒さで咲きだした桜は震え上がっているのではないでしょうか。

チョウゲンボウのオスは田圃ではなかなか見かけません。
ここ数年は若オスは見かけることがあるのですが、成長のオスは全く見かけていませんでした。
昔見かけていたときでも、電柱に留まっている程度でした。

しかし、今年はコミミズクの場所でよく見かけます。それもホバをして、ネズミを捕る姿も見かけます。

少し遠いのですが、眼の前でさかんにホバリングをしているので、すぐに見付けられます

チョウゲンボウ

チョウゲンボウ


そして、ネズミを見つけると急降下

チョウゲンボウ


ただ、草の中で捕って食べるためネズミを捕ったシーンはなかなかありません
一度だけよく見える草の上に持ってきて食べました

チョウゲンボウ

チョウゲンボウ


ネズミを食べている時にトビが横取りに来ました
何度もしつこく来るもので、ネズミを持って飛んで行きました

チョウゲンボウ


トビはそこに落ちていたネズミの残骸を捕って、飛びながら途中で食べていました

トンビ


チョウゲンボウ♂ 目の前の木によく止まります
しかし、少し遠いのでなかなかAFが来ません

チョウゲンボウ


木にやってきて着地

チョウゲンボウ


木から飛出し

チョウゲンボウ

チョウゲンボウ

  1. 2015/03/24(火) 17:30:17|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

アリスイ

今日は「寒の戻り」でしょうか、急激に寒くなりました。冷たく、強い北風が吹いていました。
最高気温が10℃以上下がり真冬に逆戻りです。

カワセミの川に出かけたのですが、カワセミの出は悪く、山に帰って行ってしまうとなかなか出てきません。
10時ごろには急に黒い雲が流れてきて、雨がパラツキだしたので、急いで帰宅しました。

昨日奈良に行ったついでに、1時間ほどアリスイを写してきました。
残念ながら、短時間でもあり梅の木にはやってきてくれませんでした。

朝、現地に到着した時は数名のカメラマンが狙っていました。アリスイが梅の木に留まっていたようです。
急いでカメラを出したのですが、すぐに他の木に飛んで行ってしまいました。その後、近くには来るのですが、梅の木には留まってくれ汗んでした。

アリスイ

アリスイ

アリスイ

アリスイ


大きな舌を出して蟻を食べるのですがなかなかいい位置で出てくれませんでした。

アリスイ

アリスイ


飛びものも 

アリスイ

アリスイ

  1. 2015/03/23(月) 18:27:13|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

コミミズク  まだ居ます

今日も晴れの暖かい一日でしたが、夕方に突然空が暗くなり雨が降ってきました。
雷はなかったのですが、夕立のようでした。

今日は孫に合いに奈良まで行ってきましたので、カワセミもハヤブサも休みです。

コミミズクがまだいます。一か月ぶりに会いに行ってきました。
もうぼつぼつ帰るのではないかと思うのですが。
私が行った前日は多数のコミミが飛んだようです。帰るために集結したのでしょうか。
しかし、私が行ったときは眼前と少し下流で4羽ほどが飛んだだけでした。

変わり映えのしない飛びものですが、菜の花の上を飛びます。少しは季節感が出てきたでしょうか。

コミミズク

コミミズク

コミミズク


留まり木に着地
留まり木が悪かった

コミミズク

コミミズク


一瞬の二羽のカラミ
これだけでした

コミミズク


ネズミを押さえているのですが、見えません

コミミズク


最後にこの留まり木に留まっていたのですが、雨が降りそうになったので急いで帰宅の途に

コミミズク

  1. 2015/03/22(日) 20:14:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

春告げ花に舞う   

今日もいい天気となりました。天気予報では当分晴天が続くようになったようです。
暖かい一日でした。初夏のような暖かさと思ったら最高気温は20℃まで上がったようです。

先日の節分草にミツバチが舞っていました。
この辺りでは日陰にはまだ雪が残っています。花の蜜を吸うのは節分草しかないのでしょう。

蜂-節分草

蜂-節分草

蜂-節分草

蜂-節分草

蜂-節分草

蜂-節分草

  1. 2015/03/21(土) 19:40:31|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春告げ花  山里の可憐な花々

今日は移動性高気圧に覆われ暖かい晴れの天気となりました。
ただ朝方はどんよりとした曇り空で、また雨でも降るのではないかと、山への登山は諦めてカワセミの川に。

今日のカワセミは二羽並んだのも一回だけで、あまりいい芸はありませんでした。
午後からコミミズクへ行ったのですが、夕方になるにつれて天気がよくなり、何時までも暗くならず、コミミズクの出は遅かった。しかも留まり木にとまったままで飛びもなく代わり映えのしない絵ばかりでした。それにしてもいつになったら帰るのでしょう。今日か明日かと思って通っているのですが。

昨日の節分草の続きで、今日はその付近に咲く山野草です。

<フクジュソウ(福寿草)>
今年は全体的に花が早いようで、福寿草も満開でした

福寿草

福寿草

福寿草

福寿草


<スハマソウ(洲浜草)>
雪割草、ミスミソウとも言われます
白い可憐な花です

ミスミソウ

ミスミソウ

ミスミソウ

ミスミソウ


<アズマイチゲ(東一華)>
これらも満開でした

アズマイチゲ

アズマイチゲ

アズマイチゲ

アズマイチゲ

アズマイチゲ


<キバナノアマナ(黄花の甘菜)>
節分草の群落の中に咲いていました

キバナノアマナ

キバナノアマナ


<オオイヌノフグリ>

オオイヌノフグリ


<ネコノメソウ>

ネコノメソウ

  1. 2015/03/20(金) 21:04:28|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

春告げ花  節分草

予報通り雨の一日となりました。京都はそれほどでもなかったようですが、場所によってはかなりの雨量になったところもあるようです。
今日は撮影も休みで画像処理が進みました。

一昨日は久しぶりの快晴の天気になるとの事でしたので、節分草を見に行ってきました。
今年は雪も少なかったのか、開花が早かったようです。
見事な満開の節分草でした。しかし、花の撮影には少し遅かったように思います。

ここの節分草も最近、町おこしの行事を大々的に催すようになって、見に来る人も多くなっています。
ツアーバスまでやってきていました。初めて見る光景です。

この地域の節分草の群落は2ヶ所にあるのですが、1ヶ所はロープを張って管理されているため、きれいな節分草の群落が残っています。しかし、もう1ヶ所は放置され全く管理されていなかったため見るも無残な状態になっていました。昔は一面に節分草が咲き乱れきれいな群落があったのですが、ネットでチョコチョコ出されるようになってだんだんと愛好家が見に来るようになると、盗掘などにあって花もどんどん減ってきました。そして今年はほとんど花が無くなってしまっていました。もう盗掘跡もありません。採るところが無いぐらいに悲惨な状態になっていました。
人の良心に任せることは今の日本ではもう不可能のようです。

<可憐な節分草の花々>

セツブンソウ

セツブンソウ

セツブンソウ

セツブンソウ

セツブンソウ

セツブンソウ

セツブンソウ

セツブンソウ

セツブンソウ


黄色がかった花
黄色の節分草は多重の花なのですが

セツブンソウ

  1. 2015/03/19(木) 19:42:47|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カワセミ日記  餌捕り

今日は午前中は晴れるとの予報でしたので、ハヤブサの山に登ろうと予定していたのですが、朝起きてみるとどんよりとした曇り空です。午後からの雨の予報が早まったのかと、山登りは諦めてカワセミの川に。
しかし、出足が遅れていいシーンは終わったようです。最近のカワセミの動きは早朝早くのようです。
そして川でカワセミを撮っていると晴れ間が出てきました。これなら山に登っても良かったようです。

午後からもまだ日が射しているようなので、雨は遅れるのではないかと思い、それではとコミミズクの様子見に行ってきました。コミミは1ヶ月ぶりです。
かなり暖かくなってきたのでコミミももう帰るころではないかと、最後のコミミなるかもしれません。
今日はコミミも天気が悪くなるのを感知したのか3時ごろから飛び出しました。
しかし、天気が予報通り、悪くなり4時ごろから雨となりました。自転車で行っていたので急いで帰宅の途に。
何とか飛びもの、留まりもののコミミハ写すことができましたが、昨日の画像と合わせて処理が追いつきません。
明日は一日雨のようですから画像処理が進めそうです。

カワセミのホバはよくあるのですが、餌捕りシーンがあまりありません。
いい絵はないのですが、昨日二羽の並びがあった日の餌捕りシーンです。

小さな魚ですが魚捕りシーンもありました

カワセミ
カワセミ

カワセミ
カワセミ


虫捕りシーン
多くは虫捕りばかりです

カワセミ
カワセミ

カワセミ

カワセミ

カワセミ
カワセミ

カワセミ

  1. 2015/03/18(水) 20:18:50|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カワセミ日記  恋の季節

今日は快晴の天気になりました。
しかし、こちら宇治も朝は一面に霧が出ていました。この霧は大阪や琵琶湖周辺など関西地区かなり広い範囲で発生していたようです。今日のは暖かい湿度の高い気流が流れ込んだための本当の霧でPM2.5ではなかったようです。

川のカワセミも暖かくなってきて恋の季節に入りだしたようです。オス・メス2羽で並ぶようになりました。交尾も近いのでしょうか。

朝、いつものポイントに行く途中で、少し手前の水門に2羽が並んでいました。
何時ものオス・メス2羽と思い、カメラを出して写していると、最初にメスが上流に飛び、それを追ってオスも上流に。
この場所は背景がよくないので、ここにはあまりいてもらいたくないところです。

カワセミ


いそいで上流のカワセミ仲間がいるポイントへ
しかし、このポイントではずっとオスがいたようで、今しがた見たオスは違うオスのようです。そういえば少しオスらしくブルーがキレだったようにも思えます。しかし、今まで見た2羽はどこに行ったのでしょう。

しばらくして、オスの所にメスがやってきて並びました
メスはオスに何か叫んでいます。「やるきあるのか! さっさと大きな魚を捕って来い!!」とか。

カワセミ


オスはまだその気にならないのか、動じません

カワセミ


オスはすぐに上流に飛んで行ってしまいました。それを追いかけてメスも上流へ。そして並んだのですが。
進展はありません。

カワセミ


オスはメスの目の前でホバリングをして

カワセミ
カワセミ


魚を捕ったのですが、自分で食べてしまいました

カワセミ


すかさずオスの留まっているところにメスがやってきて並んだのですが、オスはメスに餌をやる気は無さそうです。

カワセミ


オスはメスの目の前でフンをして、今度は下流に飛んで行ってしまいました。
メスもオスを追いかけて飛びましたが、その後メスは姿を見せませんでした。
まだまだ2羽の仲は進んでいないのでしょうか。

カワセミ

  1. 2015/03/17(火) 21:25:29|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

近場の小鳥たち

今日も予報通り一日曇りの天気でした。なかなかからっとした晴れ間の天気となりません。
気温は日中には19℃まで上がって暖かくなりました。このまま春になってくれたらいいのですが、また寒の戻りがあるようです。

近場の小鳥です。

≪アカウソ≫
山から出てきて実を食べるとまた山の中に帰って行きます
この木は枝かぶりばかりです。
また曇り空で、見上げるような状態ですのでなかなかいい画像が得られませんでした。

<ペ ア>

アカウソ


<オ ス>

アカウソ

アカウソ


<メ ス>
アカウソ


≪マヒワ≫
マヒワも山から出てきて実を食べては帰って行きます
木の裏側ばかりに入ってくるので、一層枝かぶりばかりでした

<オ ス>

マヒワ

マヒワ

<メ ス>

マヒワ


≪クロジ≫
若オスが時々餌を食べに出てきますが、なかなかいい場所に出てくれません

クロジ

クロジ

クロジ

  1. 2015/03/16(月) 18:07:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ヒクイナ ・ クイナ

やっと天気も回復してきたようですが、曇りがちの天気で、晴れの気持ちのいい天気とはなりません。
特に午後からはまた雨が降るのではないかと思うようなどんよりとした曇り空になってしまいました。
明日も天気予報では一日曇りとか。今年のお天気はどうなっているのでしょうか。

今日のカワセミはよく出てきてうちに入るのでしょう。何回もホバをしていました。
でもやっぱり動きのいいのは9時ごろまでのようです。
カワセミの画像はホバが多かったので処理が間に合いません。
帰宅の途中でヒクイナ・クイナを見かけました。画像処理も早いので今日のアップはこちらにします。

この場所も新年度になると重機が入って、大幅な河川改修が行われるようです。
そうなると鳥たちとも当分会えなくなってしまうと思います。あるいは私が生きているうちはダメかも知れません。

水害対策とのことですがだれも効果があるとは思っていません。何かしないと水害が起こった時に責任を追及されるのでやるといった程度だと思います。効果が無くて水害が起こっても想定外の雨が降ったためとでも言って逃げるのでしょう。
お役所仕事の典型だと思われます。税金は無駄使いして、土建業者にお金をばらまかねばならないのでしょうから。

<ヒクイナ>
ヒクイナは特に警戒心が強い鳥でなかなかいい場所に出てくれません。葦の陰ばかりをウロウロしていました。
よく鳴いていましたので、もう一羽いるのでしょうが、二羽そろっては現れませんでした。

ヒクイナ

ヒクイナ

ヒクイナ


<クイナ>
ヒクイナがいなくなって今度はクイナが。これも葦の陰ばかりをうろついていたのですが、最後にこっち岸に飛んできました。
グットタイミングだったようです。

クイナ

クイナ

クイナ


やっと川の中に出てきました。そしてこっちへ飛んできました

クイナ

クイナ

クイナ

クイナ

クイナ

  1. 2015/03/15(日) 17:59:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ハヤブサ  昨日の続き

今日は予報通り朝方は雨でした。
やっと午後から晴れ間が出てきました、これでは時すでに遅しで、今日の撮影は休みとしました。

昨日のハヤブサの続きです。
メスがハトを食べて、残りを隠しに持って飛びました。

ハヤブサ


そして岩の陰に隠し、休憩へ

ハヤブサ

ハヤブサ


しかし、オスはそれを見ていたのか、すぐにメスの隠した場所へ
備蓄のハトをひっばり出して食べます。

ハヤブサ


しかし、オスは遠慮してか少し食べただけで、ハトの残りを持って飛びます

ハヤブサ


しかし、違う場所に持って行き、また少し食べた後

ハヤブサ


残りを持って飛びます
ギャーギャー鳴きながら飛んでいます。オスはメスに餌渡しをしようとしているのではないかと思われます。
今までもこのような状況でよく餌渡しが見られたのですが。
我々としては絶好の撮影チャンスを期待したのですが、メスは腹いっぱいで、餌を受け取りに行きません。

ハヤブサ


オスはしばらく飛び回ったのですが、メスが動かないので仕方なく残りは備蓄場所に隠してしまいました。
この日の行事はこれで終わりで、後は二羽で別々の木に留まって動きませんでした。

ハヤブサ

  1. 2015/03/14(土) 18:08:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ハヤブサ  今季初

今日は暖かくなりました。これでも平年並みのようです。先日までの寒さが異常だったせいでしょう。
でも朝は気温は低かったようです。山の中は氷のツララができていました。氷点下に下がっていたようです。

今日は暖かい予報でしたので、今季初のハヤブサの山に登ってきました。
最近あまり動いていないせいか、自転車で登るのはしんどかった。ほとんど押して上がりました。
そのためベストシーンに出遅れてしまいました。

現場場到着するとすぐに二羽とも餌捕りに出て行ってしまいました。その後1時間半ごろ経って二羽が帰ってきました。
メスがハトを持っています。オスはそれをもらおうと追いかけて帰ってきました。

ハトを持って帰って処理するメス

ハヤブサ


オスが追い掛けてきてメスにねだりますが、メスは”ダメ”と言って、自分だけで食べます

ハヤブサ


オス(右)はメスのそばに行って餌をねだりますが、メスは無視です

ハヤブサ


オスは左に回り込んで、メスのお零れをつまみぐいしますが、なかなか食べさせてもらえません
働きの悪いオスは厳しい

ハヤブサ


メスは食べ終わって、残りのハトを持って飛び立ちます。
オスに与えず、備蓄するようです、意地悪なメスです。
恨めしそうにそれを見送るオスが可哀そう。
しかし、オスはメスの食べ残しでこぼれているのを食べていました。

ハヤブサ


メスは残りのハトを持って飛んで行き、備蓄しました

ハヤブサ

ハヤブサ

  1. 2015/03/13(金) 19:37:35|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カワセミ日記  2羽の進展は

今日は昨日に比べると少し暖かくなってきたようですが、相変わらず風は強く、気温も上がらなかったようです。

川のカワセミは昨日は全くダメでしたが、今日は朝からオスとメス2羽が出てきていたようです。
しかし、よかったのは9時半ごろまでで、山に帰って行きました。その後10時45分再び出てきたのですが何もせずに休憩に入ってしまいました。まだまだ動きは少ないようです。

川に到着するとオスとメスが少し離れて留まっています。そしてすぐにメスの前で魚を捕りました。
まだカメラを出したばかりで、心の準備前でピントが甘かった。

カワセミ


メスに給餌するかと期待したのですが、オスは自分で食べてしまいました。すでに何回も魚を捕ってはメスの前で自分で食べてしまっているようです。メスは給餌を促すのかさかんに鳴いていたのですが。
その後、メスが上流に飛んで行き、しばらくしてオスもそれを追いかけてか上流に飛びました。
そして同じように少し離れた場所に留まっています。同時に二羽が画角に入らない距離感です。

しばらくしてメスがオスにつっかかります。何をしているのかと、催促しているようです。
オスは逃げて行きます。

カワセミ
カワセミ
カワセミ
カワセミ

そしてメスは下流に飛んで行ってしまい、午前中二度と姿を見せませんでした。
オスは餌捕りをするのですが、小さな虫ばかりでした。

カワセミ
カワセミ

カワセミ


ホバもありましたが、風が強くこんな格好です

カワセミ


  1. 2015/03/12(木) 18:25:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

北海道旅行 Ⅸ

今日はきれいに晴れ渡り天気は回復してきたのですが、冷たい南風が強く吹き付け、震え上がるような寒さでした。
各地で雪が降ったようですが、残念ながらこちらは雪はありませんでした。

久し振りにカワセミの川に出向いたのですが、寒さのせいかカワセミは無茶苦茶に出が悪かった。
2,3回眼の前を通過しただけで、写した枚数は数枚でした。じっとして待つのはいっそう寒さが身に染みるので、そうそうに退散しました。

北海道旅行最後の五日目は午前中積丹半島の奇岩の撮影を行い、その後新千歳空港から関空に帰ってきました。
前日からまた爆弾低気圧がオホーツク海を通過し、北の方はまた空港閉鎖や通行止めが出てきているようなので、すんなり帰れるものかと不安だったのですが、新千歳は晴れていて飛行機もわずかの遅れで飛び立つことができました。
5日間の旅行で2回も爆弾低気圧に襲撃されるとは、全くついていませんでした。

≪積丹半島の奇岩≫
積丹半島の海岸沿いには日本海の荒波に浸食されて面白い岩がいろいろあります。
天気が良ければ面白い絵になるはずですが、残念ながら午前中は天気が悪かった。

<ローソク岩>

積丹半島


<宝島とゴメ島>
黄金岬の眼下に宝島と名付けられた大きな島とその近くにゴメ島と呼ばれる小さな岩礁の島があります。
ゴメとはアイヌ語でカモメという意味でカモメが羽を休めている姿からそう呼ばれているようです。
我々は見る方向からしてゴジラに似ていたのでゴジラ岩と呼びましたが。

積丹半島


<ゴジラ岩 (正式名 ゴメ島)>

積丹半島


ゴジラの口の中にウミウが

積丹半島


<セタカムイ岩>

積丹半島


<切り立った断崖>

積丹半島


≪ここで見かけた鳥≫
あまり鳥には縁がなかったのですが思いがけず見かけた鳥です

<シノリガモ>
小さな漁港でスナップ写真を撮るため立ち寄りました
みんな漁船の方に行ったのですが、私は少し変わった水鳥がいたのでそちらに行きました
何とシノリガモではありませんか。しかし、日が当たらないためきれいな色にはなりませんでした。
レンズももう帰る日のため、バッグにしまってしまっていたため、バカズームレンズです。

シノリガモ


オスの色が出にくかった

シノリガモ


メスは地味です

シノリガモ


みんなで飛んで行ったのですが

シノリガモ


また帰ってきました

シノリガモ


<ベニヒワ>
バスで走っていると群れで飛んできました
あわててカメラを向けたのですが、窓越しでピントが来なかった

ベニヒワ
ベニヒワ


これは前日遠くの木に留まっていたのですが、この時も長玉のレンズを持っていなかった

ベニヒワ


<イソヒヨドリ」?>
これもバスを止めている時に見かけました
すぐに飛んだのでバスから降りて探したのですが、見つけることができませんでした

イソヒヨドリ

長らくあまりいい絵が得られなかった旅行写真を見ていただき有り難うございました。
もう少し天気に恵まれていたら、小鳥を探したのですが、撮影でバスから降りた時は吹雪ばかりで、どうすることもできませんでした。
もう二度と冬の北海道を訪れることはないのではないかと思っています。

  1. 2015/03/11(水) 18:49:57|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道旅行 Ⅷ

今日も朝からパラパラと小雨がパラツク天気となりました。
夕方から晴れ間が出てきたのですが、冷たい西風が強く吹き付けいっぺんに寒くなりました。
真冬に戻ったような寒さです。北の日本海側の方は大雪になっているようですが、こちらは雪はなさそうです。

北海道旅行四日目の夕方は小樽での夜景撮影です。

<雪の小樽運河>
夕方まだ街灯が付いてない時の雪景色です
寒いのに沢山の観光客がウロウロしていました。しかし、中国人や韓国人ばかりですが。

小樽

小樽


<小樽運河の夜景>

小樽

小樽

小樽


表通りのレンガ造りの倉庫

小樽


<小樽港の夜景>
真っ暗で何も見えません

小樽


<夕食>
小樽の夕食は有名な寿司でもと思い、回転ずしを予定していました。普通のすし屋は高すぎるますので。
しかし、土産物店の人が言うことには回転ずしのネタはどこから入ってきているか分からないとのことで、安くてうまいすし屋を教えてくれました。
そこを探して行ったのですが、残念ながら日曜日は定休日でした。そこで近くのすし屋を探すはめに。
すぐ近くによさそうなすし屋があって入ったのですが、そこは予約でないとダメとの事。京都の祇園でもないのにそんな店があるのです。

すし屋が並ぶ通りをブラブラして探したのですが、多くは中国語や韓国語のメニューが並ぶ店ばかり。もちろん日本語のメニューもあるのですが、中国人や韓国人を相手の店では何を食べさされるか分からないとパスしました。外見がちょっと派手そうな店はそのような店が多そうに思いました。

後から仲間の話を聞くと運河近くの回転ずしに入ったら、中国人や韓国人で混雑していたとか。他の店では食べたいネタが先に取られて回ってこなかったとか。

たまたま通りから路地を入った奥にすし屋を見つけ入りました。ここはそのような人も入ってこず、静かに食事をすることができました。
ここは明治時代の酪農組合会館を移築したようで、中は古い道具で飾られ、落ち着きのある店でした。

小樽

小樽


古いおくどさんと囲炉裏

小樽

小樽


古い時計がずらり

小樽


面白い暖簾

小樽


これはニシン漁でニシンを水揚げする時の籠だそうです

小樽


朝ドラの「まっさん」のモデルの当時のポスター

小樽


サッポロビールの古いポスター

小樽


海鮮丼は美味しかった
でも小樽ではすしが食べたかった

小樽

  1. 2015/03/10(火) 20:01:32|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道旅行 Ⅶ

今日は予報通りの雨の一日となりました。
明日は低気圧が通り過ぎて、またまた北海道東で発達し、寒く雪の一日になる予報ですがこちらはどうなのでしょうか。
雪でなかったらまた雨でしょうか。

北海道四日目は美瑛で撮影した後、小樽で夜景の撮影です。
でもまた低気圧が接近し、雪の予報が出ていました。

<美瑛の朝>
早朝5時半に出発し撮影ポイントで、日の出を待ちます。
しかし、日の出はありませんでした。

何とか空が赤くなったてきたのですが、これが精いっぱいでした

美瑛


十勝岳方面の空は少し朝焼けしたのですが

美瑛


大雪山に日が射すと朝焼けになるはずですが、雲が暑く日は射しませんでした。

美瑛


朝の美瑛雪景

美瑛

美瑛


<美瑛の雪景色>
雪が無い夏や春にはパッチワークできれいな風景になる美瑛ですが、冬は白一色です。
晴れて青空になると一本の木と雪原とのコントラストで絵になるはずですが、空が白いと全く絵になりませんでした。
有名な木と雪原

「クリスマスツリーの木」

美瑛


「哲学の木」

美瑛


「ケンメリの木」
日産自動車のスカイラインのCMに使用された木
停車せずバスの中ならの撮影でした

美瑛


「親子の木」

美瑛


「マイルドセブンの木」

美瑛
美瑛


「その他名前のない木」
犬と猫のように見えます

美瑛


ポツンと雪原の中に

美瑛


このような看板が有名な木のそばのいたるところに掲げられています。
雪が無い時は畑に入って行って写真を撮る人が多いのでしょう。
特に、外国の人が沢山押しかけるようになってますますひどくなっているようです。
どこの国の人が特に問題かは看板の字を見ると明らかでしょう。
地主によっては木を切り倒してしまおうかと考えている人もいたようです。
でも、看板の中で「撮影禁止」はないでしょう。お寺の仏像ではないのですから。

美瑛


<しらひげの滝>
橋の上からの撮影です
下に下りて写せたらきれいな氷結が写せたのでしょうが

しらひげの滝
しらひげの滝
しらひげの滝

  1. 2015/03/09(月) 18:33:28|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道旅行 Ⅵ

今日は朝から晴れの予報でしたが、朝外を見るとどんよりとした曇り空。今にも雨が降りそうな天気。
これでは小さな鳥は見えにくいと撮影は中止。昼前には晴れてきたようですが、時すでに遅しで、今日も画像処理に。

北海道旅行3日目の後半は、屈斜路湖から次の撮影地の美瑛に向かったのですが、途中の美幌峠が積雪のため通行止めとなっているため釧路に回って美瑛に向かいました。

太平洋側の釧路は快晴の天気です。雪もあまり降った様子はありません。
オホーツク海側の大雪がウソのようです。
昨日がこれぐらい晴れてくれていたら最高によかったのですが。残念です。

釧路


美瑛に向かう途中で、高倉健主演の「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地幌舞駅(JRの正式名は幾寅駅)に立ち寄りました。
この駅は無人駅ですが今でも現役のJR幾寅駅として使用されています。
しかし、駅の看板は幌舞駅です。

幌内駅


駅の改札セットも残してありますが、通常の乗り降りにはここは通りません

幌内駅


周りのロケセットのダルマ食堂、理容店なども雪の中

幌内駅
幌内駅


トイレもそのまま残していますが使用はできません

幌内駅


偶然にちょうど列車が入ってきました。乗り降りの客はありません。

幌内駅


列車を降りるとプラットホームからはこのように駅舎に

幌内駅


トイレは駅にはなく、隣の南富良野情報プラザの建屋内にありますが、入口にはこのような表示が。
20ヶ国の表示でしょうか。これだけ各国からやってくるのでしょうか。

幌内駅


美瑛で夕焼けの撮影
しかし、山の中はまた天気が悪く、いい夕焼けにはなりませんでした

美瑛


少し夕焼けしてきたようですがこれで終わり

美瑛


太陽が沈む前に雲から出てきたのですが、きれいな夕焼けにはなりませんでした

美瑛


サンピラーらしき光もあったのですがこれでは今一つです
みんな諦めて富良野のホテルに向かいました
北海道旅行三日目は「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地を見ただけのようです。

美瑛

  1. 2015/03/08(日) 18:02:14|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道旅行 Ⅴ

今日は曇りから雨の一日となりました。
撮影も休みで、旅行中の画像の確認と処理の時間が取れました。

北海道旅行三日目は屈斜路湖の白鳥撮影から、美瑛で風景写真と夕日を撮る予定でした。
しかし、昨日の大雪で国道が通行止めとなっているようで、釧路を迂回して美瑛に入ることとなりました。

白鳥も早朝朝焼けと共に寝ぐらから餌場に飛んでくる白鳥を撮る予定でしたが、まだ吹雪が続いており、朝焼けは無理との事で、8時ごろに屈斜路湖へ。

<屈斜路湖のハクチョウ>
やはりハクチョウは既にやってきていました。
今年は湖の氷が多く、水場が少ないため白鳥の数は少なく、芋の子を洗う状態で狭い水場で押し合っています。

ハクチョウ


狭い流氷の間を泳いでいます

ハクチョウ


羽ばたきぐらいしか動きがありません

ハクチョウ

ハクチョウ


<マガモ>
マガモの群れが一斉に飛びました

屈斜路湖


<屈斜路湖>
屈斜路湖の雪景色

屈斜路湖

屈斜路湖


氷結した水面に「御神渡り」が。
吹雪で霞んでよく見えませんが。

屈斜路湖


<猛吹雪で通行止め>
前日夕方こんなメールが入りました。
エリアメールだそうで、国道の通行止めの連絡です。
地元の人間でもないのに、その地域に居る者に入ってくるようで、驚きです。
退避場所の「道の駅摩周温泉」は先ほどトイレのために立ち寄ったところです。
もう少し遅かったら、通行止めに引っ掛かっていたところでした。
1~2時間の差で、通行止めに引っ掛からずに、宿泊地に辿り着けたようです。

吹雪


国道は猛吹雪です

吹雪

吹雪


公衆電話も雪に埋もれてしまっていました

吹雪

  1. 2015/03/07(土) 20:40:37|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道旅行 Ⅳ

今日は二十四節気の「啓蟄」です。
春の暖かさを感じて、冬ごもりしていた虫が外に這い出てくるころのことである。
柳の若芽が芽吹き、ふきのとうの花が咲くころでもあります。

今日も暖かい一日でした。カワセミはオス、メスが出てきて遊んでくれるのですが、10時ごろまででその後は全く姿を見せない日が続いています。山に帰って行くようですが、どうしているのかよく分かりません。
オス、メス二羽が仲良くしているようでもありませんので。

北海道の「阿寒町タンチョウ観察センター」ではタンチョウへの餌付けとして、毎日午後2時から魚を撒いています。
その時になるとオジロワシやオオワシがその魚を狙ってやってきます。そして魚を捕って行きます。
それを狙ってカメラマンは集まるのですが、この日は猛吹雪でオオワシは現れず、面白い場面はありませんでした。

時間になるとオジロワシが現れ上空を舞います

オジロワシ


そして餌を見つけるとダイブ

オジロワシ


そしてタンチョウの群れの中に飛び込みます

オジロワシ

オジロワシ


魚を捕って飛び上がるのですが、向こう向きばかりでした

オジロワシ


オジロワシ

オジロワシ


魚を捕って飛んで帰ります

オジロワシ

オジロワシ


魚を捕った幼鳥を成鳥が追いかけるシーンもあります

オジロワシ

  1. 2015/03/06(金) 19:36:48|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道旅行 Ⅲ

今日はb二日目の後半、「阿寒町タンチョウ観察センター」での丹頂鶴の撮影です。
降雪は段々と強くなり、すごい吹雪となってきました。

こんな悪条件の時にはいつでも行くことができる地元のカメラマンは来ないはずで空いているのではないかと期待していったのですが、なんと中国人のカメラマンが沢山詰めかけており、撮影場所のいいところは既に占領されてしまっていました。
何たることでしょう。仕方なくタンチョウが見えにくい前列にカメラを構えました。
そういえば、朝の流氷のオオワシ撮影でも、中国人や韓国人が沢山、それも長玉を持って沢山乗っていました。
最近の観光地はどこもこのような状況になっているのでしょう。日本人は隅っこに追いやられてしまいました。

吹雪の中での丹頂鶴
前回来た時よりもたくさんのタンチョウが来ていました。それが密集しているものですから、いい絵は得られません。

丹頂鶴


けたたましく鳴き合いをしています
二羽だけ離れた場所でやってくれたら絵になるのですが

丹頂鶴

丹頂鶴

丹頂鶴


羽ばたき

丹頂鶴

丹頂鶴


ジャンプ

丹頂鶴

丹頂鶴

丹頂鶴


数羽で飛んで行ったのですが、雪が強く少し離れると霞んでしまいます

丹頂鶴

  1. 2015/03/05(木) 20:14:56|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道旅行 Ⅱ

北海道旅行二日目は羅臼から流氷のオオワシ見物と阿寒町タンチョウ観察センターでの丹頂鶴の撮影です。
今回の旅行の主目的はこの日だけです。そこでこの日の天気の良いことを願っていたのですが、最悪の事にこの日が一番天気が悪く、猛吹雪となってしまいました。

羅臼港から早朝5時に観光船で流氷に向かいます。
早朝4時頃はまだ雪も降っていなかったのですが、段々と吹雪が強くなってきました。
少し明るくなってオオワシ撮影の頃は猛吹雪となってしまいました。

暗くシャッタースピードが上がらず、さらに雪に取られてピントが来ない最悪の撮影条件になりました。
普通、天気が悪い時はオオワシは餌が見えず流氷にやって来ないとのことです。この日は早朝はさほど天気が荒れていなかったため、流氷にやってきたようです。その点ではラッキーだったのでしょうか。

流氷
数年前に来た時は流氷が近海にやって来ず、船が出なかったのですが、今回は遠くではありましたが流氷に辿り着くことができました。

流氷


沢山のオオワシが流氷にやってきていました

オオワシ


船をオオワシのすぐ近くに接近させるため、300mmのレンズでは近すぎました。
汎用のズームレンズ(18~300mm)で対応したのですが、悪条件の時は画像は今一つです。もう少し良いレンズで撮影する必要が有りそうです。

オオワシ


漁師が魚を投げてそれを目的にオオワシが集まってきます

オオワシ


餌捕りの二羽の絡みを狙ったのですが、いい絵は得られませんでした

オオワシ

オオワシ

オオワシ


オジロワシもやってきまていました

オジロワシ


魚を捕りあって二羽の絡みです

オジロワシ


魚を取って飛びます

オジロワシ


これは幼鳥でしょうか

オジロワシ

  1. 2015/03/04(水) 21:17:31|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道旅行 Ⅰ

北海道に4泊5日で行ってきました。
写真仲間の撮影旅行でした。
あいにく天気に恵まれず、5日の内に2回も爆弾低気圧に襲われ最悪の天気でした。
通行止めや航空便の運休もある中、それをかいくぐって何とか所定の行動をとることができました。
しかし、天気が悪くいい写真は撮れませんでした。

第一日目は伊丹から羽田経由で女満別空港に飛んだのですが、羽田で女満別行きの飛行機の到着が遅れ2時間も出発が遅れてしまいました。女満別に到着したのは3時半過ぎ、第一目から予定が大幅に狂ってしまいました。

女満別空港から流氷の夕日撮影をして羅臼に行く予定でしたが、到着が遅れたのと、流氷が網走沖にやってきておらず、初っ端から大幅な予定変更です。

雪の中でキタキツネが出迎えてくれました

キタキツネ

キタキツネ


網走近くの濤沸湖へ
ここには水鳥が多数います。前回来たときはオオワシがいたのですが、今回は見ることができませんでした。

<ハクチョウ>

ハクチョウ

ハクチョウ


<ホオジロガモ>
ホオジロガモが一羽いました。初めて見るカモです。しかし、撮影仲間はみんな風景専門の人たちで、鳥撮影の人はいません。みんな無視です。

ホオジロガモ

ホオジロガモ


<オナガガモ>
どこにでもいます

オナガガモ


<白樺林>
雪原の中の白樺林です。こんな光景はこれから何度も見かけます。

白樺林


<夕日>
途中の雪の平原で落日です。
そこで夕日撮影ですが、ぱっとしません。
天気が良かったのは、バスで移動の時ばかりでした。

夕日

夕日

  1. 2015/03/03(火) 20:59:49|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

forest60

Author:forest60
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
鳥 (1952)
昆虫 (17)
旅行 (45)
花 (117)
風景 (72)
祭・行事 (87)
動物 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR