fc2ブログ

四季おりおりⅡ

季節の移ろいの写真を気の向くままに載せています。

ハヤブサ

今日で今年も半分が終わります。
コロナコロナと騒いでいる間のあっという間の時間の通過です。

日本全土(北海道を除いて)がどんどん暑くなっているようです。
京都も最高気温37.2℃にもなり、6月では過去最高の気温のようです。
暑さを逃れるためには山の中がいいです。
風がある木陰などは最高です。
ゆっくり昼寝でも出来たら。

ハヤブサ雛は昨日アップの約1週間後になると、白い産毛もほとんど抜けて無くなりました。
しかし、毛が斑で汚い。
ハヤブサ
ハヤブサ

オスが餌を持って来、早く親の元に来た1羽に与えました
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ

餌をもらった子は隠して食べます
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ

スポンサーサイト



  1. 2022/06/30(木) 17:13:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ハヤブサ

梅雨も明け快晴の天気となりました。
そのため気温もうなぎ上りで、京都も最高気温35.6℃の猛暑日となりました。
湿度も高くムッとした暑さで、熱中症の危険を感じます。
しかし、関東の方は気温もさらに高くなっており、京都などは下の方です。

ハヤブサ雛は昨日アップから3日後にはかなり産毛が抜け出しました。
まだら模様となって汚くなってきました。

雛2羽
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ

この頃から羽ばたきを盛んにやるようになってきています
ハヤブサ
ハヤブサ

メスが餌を捕って帰って来ました
ハヤブサ
ハヤブサ

巣に持って行って餌を与えて、帰って行きました
ハヤブサ
ハヤブサ

  1. 2022/06/29(水) 16:34:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ハヤブサ

近畿地方も梅雨明け宣言となりました。
平年より21日早く、梅雨の期間は最短の14日だったようです。
このまま晴れが続くのか、祇園祭の頃に長雨が続くかもしれません。
何れにしても異常気象のようです。

ハヤブサの雛は
昨日アップから1週間後にはきれいな真っ白な産毛に覆われました。
この頃が一番きれいです。
どちらが一番子で、どちらが二番子か分かりません。

ハヤブサ
ハヤブサ

二羽並んで
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ

メスが餌を持って帰って来ました
ハヤブサ
ハヤブサ

そして餌を持って巣に行ったのですが、餌やりはよく見えません
ハヤブサ
ハヤブサ

  1. 2022/06/28(火) 16:38:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ハヤブサ

梅雨前線も無くなり晴れの日が続き、梅雨明けのはずですが近畿地方は先送りされました。
科学的な考察よりは諸般の事情を考慮したようです。

郷のハヤブサも雛が巣立ち寂しくなりました。
そこで雛の成長をアップしたいと思います。
今シーズンはあまり頻繁には通いませんでした。
最初に雛を見たのは少し経った後でした。

雌親が餌を持って帰って来ました
ハヤブサ
ハヤブサ

巣に持って行って雛に給餌します
今回の巣は前に邪魔な枝があり中がよく見えません
雛は2羽です
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ

ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ

  1. 2022/06/27(月) 17:17:37|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カワガラス

梅雨の最中ですが雨がありません。
今日も一日中曇りの予報でしたが、時間が過ぎ去った後結果として晴れになっています。
来週も雨のマークはなく晴ればかりです。
もう梅雨は明けたようですが、気象庁も意地でも梅雨明けとは言えないのでしょう。

京都の最高気温は32.9℃と比較的低いのですが、蒸し暑く熱中症の危険を感じます。
涼しく、水遊びのカワガラスです。
シャワーの下で涼しそう
カワガラス
カワガラス
カワガラス
カワガラス
カワガラス
カワガラス

堰堤の上に出てきました
カワガラス
カワガラス

すると別の1羽がやって来ました
ここで2羽を見るのは初めてです
どちらがオスかメスか分かりません
しかしすぐに飛んで行ってしまいました
カワガラス
カワガラス

  1. 2022/06/26(日) 17:23:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サンコウチョウ

蒸し暑い日が続きます。
天気も不安定で、朝方は晴れていたのですが昼過ぎからはどん曇りとなり雨がパラついています。

サンコウチョウがなかなか写せるところに出てきません。
一瞬写すのですが、もう少し写真を貯めてと思っていたのですがその後ダメで少ないですがアップします。

木の間でやっと見えるところに
でもすぐ飛んで木の裏に入ってしまいました
サンコウチョウ
サンコウチョウ

山の下の方で鳴き声がしたので止まって探すと暗いところに
サンコウチョウ
サンコウチョウ
サンコウチョウ
サンコウチョウ

  1. 2022/06/25(土) 17:00:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

紫陽花

梅雨が明けたのでしょうか。
朝から太陽はギラギラと照り付け肌は焼けるよな暑さでした。
京都の最高気温は34.2℃と猛暑日には届きませんでしたが、新潟など各地で異常な暑さとなっているようです。
やはり地球温暖化の影響が出ているのでしょうか。

紫陽花も見頃となっています
紫陽花
紫陽花

「渦紫陽花」
紫陽花

額紫陽花
紫陽花
紫陽花
紫陽花
紫陽花
紫陽花
紫陽花

「墨田の花火」
紫陽花

  1. 2022/06/24(金) 17:28:16|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カワセミ日記  雛の餌捕り

雨は無いのですが、蒸し暑い日が続きます。
梅雨の真っただ中ですのでスッキリは晴れませんが気温は上がっています。
家の中でも熱中症にはなるようで、冷たい水分をがぶ飲みしています。

カワセミの雛の餌捕りです
カワセミ
カワセミ
カワセミ
カワセミ

魚を2匹捕りました
カワセミ
カワセミ
カワセミ

今度は見えないような魚でした
カワセミ
カワセミ
カワセミ

  1. 2022/06/23(木) 17:33:03|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カワセミ日記  羽繕い

梅雨の真っただ中ですが、あまり雨は降っていません。
昨夕から朝にかけては強い雨が降っていたようですが。
今年の梅雨は空梅雨になるかもとの予想が出ていますがどうなることでしょう。

カワセミの雛は餌捕りの合間に色々芸を見せてくれました。

羽繕いを入念に
カワセミ
カワセミ
カワセミ
カワセミ

アオサギは天敵でしょうか、目の前を通過するときには迎撃態勢に
カワセミ
カワセミ
カワセミ

ペレット前の伸び
カワセミ

ペレット吐き
この時に限って草陰に入ってしまいました
カワセミ
カワセミ
カワセミ

  1. 2022/06/22(水) 17:11:45|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カワセミ日記  雛のホバから餌捕り

今日は二十四節気の「夏至」です。
一年で、昼間が最も長く、夜が最も短い日ですが、梅雨の最中なので太陽は出ずよく分かりません。
関西ではこの日にタコを食べる習慣があるようです。

川のカワセミの雛一丁前にホバをして、小さな魚を捕ります。
でも餌捕りの飛び込みに追いつきませんでした。

カワセミ
カワセミ
カワセミ
カワセミ
カワセミ
カワセミ
カワセミ

カワセミ
カワセミ
カワセミ
カワセミ

  1. 2022/06/21(火) 17:41:46|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カワセミ日記  雛の餌捕り

今日も曇り空の一日でした。
明日からまた雨模様の日が続くようです。
梅雨の時期で天気が悪いのも仕方がないのでしょうが。

雛が活発に餌捕りを見せてくれました。
この場所は雛にとって適当な小魚が沢山いるようでした。
餌捕りを見るのも久し振りです。

カワセミ
カワセミ

魚2匹を捕ることも
カワセミ
カワセミ
カワセミ
カワセミ
カワセミ
カワセミ

愛嬌に餌捕り失敗も
何時もですが、餌捕り失敗した時の方が格好がいい
カワセミ
カワセミ

  1. 2022/06/20(月) 17:25:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カワセミ日記  雛誕生

今日は朝から晴れる予報でしたが、午前中はどんよりとした曇り空でした。
山の中は暗く、特に木々の中は何も見えません。
やっと日が射しだしたのは午後からで撮影は終わっていました。

久々のカワセミです。
雛が出ていましたが、もうすでに一人前に餌も捕れていますのでかなり以前から出ていたのでしょうか。

川岸に留まっているカワセミを見付けました
雛です、それも2羽
カワセミ

1羽が飛んで草に留まりました
カワセミ

そして下の石の上に移動
カワセミ

そこから飛び込んだのですが、石の陰
カワセミ
カワセミ

カワセミ

そこから下流に飛んで遠くで2羽並びました
カワセミ

正面に回ると色の黒い雛が残っていました
カワセミ

しばらくその子を写していると、また先の雛がやって来ましたが並びはありませんでした
カワセミ

その子はすぐにまた飛んで行ってしまいました
残った色の黒い雛が長く遊んでくれました
こちらの方が遅生まれなのでしょう
カワセミ

  1. 2022/06/19(日) 17:54:49|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

オオルリ♂の水浴び

今日はまたどん曇りの天気となりました。
雨は無かったのですが。
日が照らないので気温は28℃とあまり上がらなかったのですが、湿度が高く蒸し暑い。

オオルリ♂がやっと水浴びに出てきました。

先ず堰堤の先に出てきましたがすぐに飛んで帰って行きました
オオルリ

前にもこのシーンはあったのですがその後出てこなかったので今回もそうかと諦めていたのですが
今回は再度水浴びに出てきました
オオルリ

そしてバシャバシャと水浴びを
オオルリ
オオルリ
オオルリ
オオルリ
オオルリ

そして飛んで帰って行きました
オオルリ
オオルリ

  1. 2022/06/18(土) 17:32:06|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

郷のハヤブサ  悲惨翡翠

梅雨の合間の唯一の晴れのようで、山に入りました。
山は涼しくてよかったのですが鳥がいません。
川も田圃も山もさっぱりです。

鳥がいないので、山の中の涼しいところで居眠りです。
スッキリとして気持ちがいい。
でも麓に降りるとムッとした暑さでした。

ハヤブサが翡翠を捕って帰って来ました。
翡翠が可哀そうで画像を見ることもなかったのですが、気持ちも落ち着いてやっと画像処理してアップします。

ハヤブサ♂が何か小鳥を捕て帰って来ました
ハヤブサ

岩場に止まって餌を見せますが、この時までは小鳥が何かは分かりませんでした
ハヤブサ

雛が腹一杯なのか餌を求めて出てきません
そこでオスは仕方なく翡翠をくわえて飛び回りました
そこでやっとブルーの体が見えました
ハヤブサ
ハヤブサ

ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ

最後は備蓄に持って行きました
ハヤブサ
ハヤブサ

  1. 2022/06/17(金) 18:12:04|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カルガモ親子

梅雨入りしてよくない天気が続きます。
今日も雨はありませんでしたが、一日どんよりとした曇り空でした。
そのため撮影は休みとしました。
明日は梅雨の中休みで晴れる予報です。

昨日は雨の後曇りとなりましたので、ちょっとカワセミの川へ様子見に出かけました。
残念ながらカワセミは全く姿なしでした。
雛がもう出ていていいと思ったのですが姿はありません。
遅れているのでしょうか、それとも分からないところに出しているのでしょうか。

そんな中、鴨の親子は見掛けました。
<カルガモ>
中流域で、カルガモ親子がいました。
雛が6羽いました。雛は行儀よく一列に並んでついていきます。
以前に10羽の雛の親子をアップしましたが、この場所とは堰堤など2ヶ所の障害があり、違う個体と思われます。
カルガモ
カルガモ
カルガモ
カルガモ
カルガモ

<マガモ>
同じところにマガモの親子が。
雛はすでに大きくなり、親とほとんど変わりません。
カモ

上流にマガモの親子がいました。
雛は5羽いました。
雛は気まま勝手に行動しなかなか落ち着きませんでした。
カモ
カモ
カモ
カモ

  1. 2022/06/16(木) 18:23:08|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

タマシギ

梅雨に入りましたが、午前中は雨がポツポツ降っていましたが午後からは雨も上がりました。
明日は晴れるようです。

今年は田圃でタマシギをよく見かけます。
今回のタマシギは前回写した田圃の近くでしたので、こちらに移動したのでしょう。
田植えがまだ完全に終わっていないので、タマシギペアもなかなか落ち着かないことでしょう。

<タマシギペア>
タマシギ
タマシギ
タマシギ
タマシギ

<オス>
タマシギ

エンゼルポーズ(でも格好悪い)
タマシギ
タマシギ

<メス>
タマシギ

エンゼルポーズ(でも格好悪い)
タマシギ

  1. 2022/06/15(水) 18:25:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

沙羅

近畿地方も梅雨入りしました。
朝からポツポツと降っていましたが、それほど強い雨ではありませんでしたが。
気温は上がらず低かったのですが、湿度が高く蒸し暑い一日でした。

沙羅の花が咲きだしていました
沙羅
沙羅
沙羅
沙羅

田圃にも半夏生が咲いていました
半夏生
半夏生
半夏生
半夏生

  1. 2022/06/14(火) 18:06:10|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サンコウチョウ

天気が下り坂に向かっています。
今日は一日中曇り空で、明日は雨のようです。
明日から関西も梅雨入りのようです。
今日は天気が悪かったせいで気温は上がらず、比較的に涼しかった。

サンコウチョウが目の前に出てきました。
近すぎて尻尾は切れてしまいました。
焦点の位置は上の方に持って行ったのですが、間に合いません。
カメラ位置を縦撮影にする余裕はありませんでした。
サンコウチョウの撮影にはズームレンズでないとダメだと毎年この時期になると思っているのですが。

サンコウチョウ
サンコウチョウ
サンコウチョウ

サンコウチョウ
サンコウチョウ

サンコウチョウ
サンコウチョウ
サンコウチョウ

  1. 2022/06/13(月) 18:56:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

行列のできる水浴び場

今日は上天気となりましたが、気温はそれほど上がらず涼しい気候でした。
梅雨前線が南に下がり、北からの風が強くなり湿度も低かった為のようです。

天気が良かったので宇治も観光客で一杯になっていました。
この暑いのに何でと思うのですが、人の出が解放された為でしょう。
ただまだ外国人の観光客はいないようで、これで外国から多くの人が押し寄せてくると観光地は大変です。

山の水浴び場が小鳥たちが行列をつくっていました
先ずシジュウカラが水浴びを
ヤマガラが傍で待っています
シジュウカラ
シジュウカラ
シジュウカラ

シジュウカラが飛んで行くとヤマガラが水浴びに
ヤマガラ

ヤマガラが水浴びを
ヤマガラ
ヤマガラ

そこにメジロがやって来て待ちます
ヤマガラ
ヤマガラ

ヤマガラが終わるとすぐにメジロが水浴びをして帰りました
メジロ
メジロ
メジロ

  1. 2022/06/12(日) 18:06:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

オオルリの水浴び

予報通り天気が悪くなりました。
それでも午前中は雨もなさそうなので、田圃の探索に行ってみたのですが鳥は何もいませんでした。
田植えは進んでいるのですが水鳥は来ません。

山の川にオオルリが水浴びに来ていました。
それも若オスが来ました。
もう生まれたようです。巣を見付けることはできなかったのですが、順調に徐だったようです。

<若オス>
オオルリ
オオルリ
オオルリ
オオルリ
オオルリ
オオルリ

<メス>
メスも同じ場所で水浴びを
オオルリ
オオルリ
オオルリ
オオルリ
オオルリ

  1. 2022/06/11(土) 18:03:19|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

タマシギ

天気が悪くなるようです。
今日午後から雨との予報でしたが、まだ雨はなさそうです。
明日も午前中はどん曇りのようで、午後から雨とか。
でも明後日はまた晴れのようで、梅雨入りはまだのようです。

田圃でタマシギのペアを見掛けました。
先日アップしたのは草むらの田圃でしたが、ここも耕され田植えが始まっています。
そのためかその場所では見掛けなくなりました。
かなり離れた田植えの終わった田圃でペアを見かけましたが、そのペアが移動したのか、また別のペアかは分かりません。
羽があるので飛べば移動はできますが、その途中にも行けるところは多くあり、別のペアではないかと思われます。

タマシギ
タマシギ
タマシギ
タマシギ

タマシギ♀
タマシギ
タマシギ


入念に羽繕いをしていました
タマシギ
タマシギ

オスはトウモロコシの畑の方へ
タマシギ

  1. 2022/06/10(金) 17:26:36|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カルガモ親子

天気が良くなると暑くなります。
また京都は真夏日になってしまいました。
日射しが強くなり、肌がヒリヒリするようになりました。

マガモの親子が終わると今度はカルガモの親子が現れます。
カワセミの川で10羽のヒナの親子がいました。
上手く生き延びてくれたらいいのですが。

カルガモ
カルガモ
カルガモ

皆で草を食べに
カルガモ
カルガモ

どうしても身勝手な行動をする者がいます
皆から遅れる子が(右の草の中)
カルガモ

慌てて戻ります
カルガモ

田圃の川にもカルガモ親子がいました
でもこちらは雛3羽と寂しい
カルガモ
カルガモ
カルガモ

  1. 2022/06/09(木) 18:31:20|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ゴイサギ(五位鷺)

<ゴイサギ(五位鷺)>
名前の由来は『平家物語』(巻第五 朝敵揃)の作中において、醍醐天皇の宣旨に従い捕らえられたため正五位を与えられたという故事が和名の由来になっているそうです。
正五位は豊臣政権時代は大名に与えられた官位で、大変偉いのです。

田圃を走っていると田植え前の田圃にいました。
まだ若いようで、奇麗でした。
少し写して他に回り、帰りに寄ってみるとここも田植えが始まり居なくなっていました。

ゴイサギ
ゴイサギ
ゴイサギ
ゴイサギ
ゴイサギ
ゴイサギ

<アマサギ(猩々鷺、飴鷺)>
夏羽できれいです。
いつも田植え前の田圃を耕している耕運機の後を追い掛けて餌を捕っています。
この時期は田植えも終わっているため、ところどころの田圃で餌を捕っています。
ここの田圃には6羽いました。
アマサギ
アマサギ
アマサギ

  1. 2022/06/08(水) 17:46:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

セイタカシギ

田圃はかなり田植えが進んできました。
どこも水を張られるようになりました。
しかし、水が張られるとすぐに田植えが始まりますので、水鳥も落ち着くいとまがなさそうです。

やっとセイタカシギの雌が入って来ました。
しかし翌日にはその場所が田植えに入りどこに行ったか行方不明です。

セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ
セイタカシギ

  1. 2022/06/07(火) 18:02:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

紫陽花

今日は二十四節気の「芒種(ぼうしゅ)」です。
芒(のぎ)のある穀物や稲や麦など穂の出る穀物の種をまく季節ということから、芒種と言われています(実際の種まきは、これよりも早い時季に行います)。
かまきりや蛍が現れ始める頃でもあります。
次第に梅雨めいて、五月雨(さみだれ)の季節に入ります。

今日は雨の一日となりました。
関東の方は梅雨入りしたようですが、関西は明日からまた晴れや曇りとなるようで梅雨入りはまだ先のようです。

紫陽花がかなり咲きだしています。

<七段花>
幻の紫陽花と言われていますが最近は植物園などでもよく見られるようになりました。
この寺も以前は数株はあったのですが、最近見られなくなっていました。
今年は1株だけ咲いていました。
紫陽花
紫陽花
紫陽花

<額紫陽花>
紫陽花
紫陽花
紫陽花
紫陽花
紫陽花

普通のアジサイはこれからのようです
紫陽花
紫陽花
紫陽花

  1. 2022/06/06(月) 18:08:41|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

タマシギ

天気は下り坂で曇りがちの天気となりました。
その分少し涼しくはなりましたが。

田圃にタマシギが居ました。
ペアでしたが、草の中からなかなか出てきませんでした。

タマシギペア
タマシギ
タマシギ
タマシギ
タマシギ
タマシギ

タマシギ♂
タマシギ
タマシギ
タマシギ

タマシギ♀
タマシギはメスの方が奇麗です
タマシギ

  1. 2022/06/05(日) 18:19:15|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

半夏生(ハンゲショウ)

今日も天気は良かったのですが、風が強く比較的に涼しく暑さを感じませんでした。
気温も29℃と真夏日には至りませんでした。
明日から天気が悪くなるようです。
梅雨が近づいているようです。

半夏生(ハンゲショウ)が咲きだしています。
名前の由来は夏至から数えて11日目頃(もしくはその日からの5日間)を「半夏生」と呼びますが、
その頃に花が咲くことからそう呼ばれています。
ただ地味ですからここを訪れた人たちはほとんど見落として通り過ぎています。
半夏生
半夏生
半夏生
半夏生

<姫沙羅>
姫沙羅も見頃です
沙羅の花は京都の寺で「沙羅双樹」のいわれから有名ですが、この花は少し小振りです
姫沙羅
姫沙羅
姫沙羅

<ホタルブクロ>
ホタルブクロ
ホタルブクロ

  1. 2022/06/04(土) 17:30:12|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

カワセミ日記  久々のホバ

今日も暑くなりました。
京都の最高気温は30.6℃の真夏日でした。
それ以上に日射しが強く、日向では肌がジリジリするような暑さでした。

郷のハヤブサは昨日雛が巣立ち、サンコウチョウの鳴き声はなく山も終わりのようです。
そこで今日はカワセミの雛がもうそろそろ出ていないかと川へ行ってみました。
しかし、未だのようでした。

川に着くとすぐ橋脚にオスが
カワセミ

しばらく下の魚を探していたようですが、喉を見ると膨れてきています
下流に飛んで草陰でペレットを吐き、下流へ飛んで行ってしまいました
下流の水門に留まっていました
カワセミ

そこから飛び込みましたが餌捕りは失敗のようです
三脚を持って行ってないので手持ちではブレます
カワセミ
カワセミ

そして目の前の草に
カワセミ

そこから飛び出してホバを
久々のホバです
でも三脚無しの撮影ではピントがすぐ外れてしまい苦労しました

「頭右ぎ」でこっちを向いてホバをしています
逆光でしたが、逆光もいいかなと
カワセミ
カワセミ
カワセミ

少し向きを変え
カワセミ

正常な向きに戻りホバを
カワセミ
カワセミ

その後裏の溝には行かず、建屋を越えて裏山の方へ飛んで行きましたので、雛の巣立ちは未だのようで、こちらもそのまま帰宅しました。

  1. 2022/06/03(金) 18:21:42|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

サンコウチョウ

やっと快晴の天気になりました。すると気温も上がり真夏日となりました。
日射しが強く、日向では熱中症になりそうでした。

最近、サンコウチョウの鳴き声が少なくなってしまいました。
巣作りも済んだと思うのですが、川筋はカラスが飛び交っていますので山の中に移動したのでしょうか。

少し前のサンコウチョウです。
サンコウチョウ
サンコウチョウ
サンコウチョウ
サンコウチョウ
サンコウチョウ
サンコウチョウ
サンコウチョウ

キビタキが水浴び後に出てきました
ここで見るのは初めてです
キビタキ
キビタキ

  1. 2022/06/02(木) 17:49:44|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

ハヤブサ

天気は回復しましたが、カラッとした晴れとはならず曇りがちの天気でした。
そのため気温もそれほど上がりませんでした。

郷のハヤブサはテレコテレコばかりで、タイミングの良い餌渡しがありません。
オスが餌を持って帰って来たのにメスがいません。
ハヤブサ
ハヤブサ

仕方なくオスは岩の上の草陰に持って行きました
ハヤブサ

しばらくしてメスが帰って来ました
草陰で餌渡しでした、残念!
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ
ハヤブサ

  1. 2022/06/01(水) 18:39:26|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

プロフィール

forest60

Author:forest60
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (26)
鳥 (3920)
昆虫 (19)
旅行 (45)
花 (216)
風景 (156)
祭・行事 (171)
動物 (9)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR