四季おりおりⅡ

季節の移ろいの写真を気の向くままに載せています。

アオアシシギ

台風12号は長崎に上陸したのち熱帯性低気圧に変わりました。
台風としての勢力は弱くなりましたが、雨雲を伴って移動しており、段々と天気は悪くなっているようです。
でも、天気予報を見ると今日が一日雨で、明日は曇り空に変わっています。
雨でゆっくり休養は無くなるかもしれません。

今日は昼前から雨の予報でしたので、カワセミの川はやめて、田圃に行ってみました。
しかし、今年は鳥の入りが遅いようでなかなか新顔が入ってきません。

先日、朝日新聞に「鳥の休息地 『なつみずたんぼ』」の記事が載っていました。
埼玉や栃木のほうでは、休耕地に水を張り「代替湿地」として、渡り鳥の休息地にすることが進められているそうです。
最近、シギやチドリなどの渡り鳥の休息地になる湖沼が減っているため、代替湿地を作ろうとの事です。

しかし、地元の田畑は逆に「なつみずたんぼ」がどんどん減ってきています。
休耕田に草を生やしても水を張らない農家が増えているように思われます。
かなり以前にある農家の人が自分は鳥が好きで休耕田に水を張っているのだと話されていました。
しかし、最近はその人の田圃付近も水を張った休耕田は見当たらなくなってしまいました。

最近、鳥撮りのカメラマンと農家の人のトラブルが多くなっています。
珍しい鳥が入ると沢山のカメラマンが押しかけ、狭い農道に車で入って農家の邪魔をするのが大きな原因と思われます。
度々警察がやってきて車の取り締まりをしているのを見かけます。
鳥撮りのカメラマンやバードウオッチャーのマナーの低下が大きな原因ではないでしょうか。

ブログで、夏暑いので車の中から写せる田圃に行ったとか、クーラーのきいた車の中で涼しく写せたとか言っている人をよく見かけます。このような人たちのためにかえって鳥が休息地を失っていることが分からないのでしょうか。
このような人達が鳥を撮る資格があるのかなと疑います。

今日の画像はアオアシシギです。
かなり前から川に3羽が入っていました。しかし、最近の大雨で度々川が増水しています。
どこかに避難していると思っていたのでエスが、田圃の中の休耕田でやっと見かけました。

最初は、2羽が休耕田にやってきたのですが、この2羽は非常に敏感で、今までいたのとは違うかもしれません。

アオアシシギ


すぐに飛んで行ってしまいます。
違う休耕田を他の鳥を探すため立ち寄ってみるとここにいましたが、またすぐ飛んで行ってしまった。

アオアシシギ

アオアシシギ


翌日、別の休耕田に4羽入っていました。
なかなか4羽一緒にはなりませんでしたが。

アオアシシギ

アオアシシギ

アオアシシギ

アオアシシギ


羽ばたき

アオアシシギ

アオアシシギ


シオカラトンボを捕りました

アオアシシギ

スポンサーサイト
  1. 2016/09/05(月) 18:09:05|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<ムナグロ | ホーム | カワセミ日記  ハグロトンボ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://forest60.blog77.fc2.com/tb.php/2012-c80656c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

forest60

Author:forest60
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (14)
鳥 (1971)
昆虫 (17)
旅行 (45)
花 (117)
風景 (72)
祭・行事 (88)
動物 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR